石本政晶 Masaaki Ishimoto

 

【出 身】 東京都
【出生年】 1988年

【所 属】 アニモプロデュース

 

◆身長 170㎝

 

◆資格 作業療法士免許

 

◆特技 グラフィックデザイン、映像編集

 

◆座右の銘 片思いでいいの。二人分愛するから。

 

◆主宰、広田淳一からの紹介文

 

2015年、『悪い冗談』よりアマヤドリ公演に参加。以後、劇団員となる。

特異な身体性と、奇妙にねじ曲がった性格を出処としたヘンタイ性豊かな演技で注目を集める個性派。性格は極めて論理的、耽美的であり、常に自分の美学に対しては徹底した態度を取る。したがって、美学の感じられない人・物・作品に対しては情け容赦ない。でも、自分の部屋はそんなに片づいていない。長男。着道楽な一面を持ち、いつもひと捻り効いたファッションに身を包む。ブローチ好き。デザインに対しても独自のこだわりを持ち、劇団参加以降はアマヤドリのビジュアル面を、デザイナー・山代政一とともに支えている。以前、医療関係の職についていたことがあるらしい。あらゆる面で仕事の速さには定評があり、睡眠時間を削ってでも自分の活動に突き進む猪突猛進な姿は狂気をはらむほど。意思は強く、志は高い。ほとんど見せることはないがごく稀にデレる時がある。

 

◆舞台

 

2015年

アマヤドリ 『すばらしい日だ金がいる』@吉祥寺シアター

リジッター企画 『誰がための笛は鳴る』@吉祥寺シアター

アマヤドリ 『悪い冗談』@東京芸術劇場シアターイースト

 

2014年

リジッター企画 『ミロウのヴィーナス』@吉祥寺シアター

 

2013年
リジッター企画 『でんでんむしのからのなか』@大塚萬劇場
リジッター企画 『あるオト、あるヒカリ、あるカラダ、あるコトバ、あるミライ、そのタもろもろ、の、あるケシキ』@新宿ゴールデン街劇場

ほか

 

2012年
リジッター企画 『林檎ト大地ノ黙示録』@中野ザ・ポケット
team空想笑年 『ALICE』@中野ウエストエンドスタジオ 出演・衣装・美術

ほか

 

2011年

円・演劇研究所 卒業公演 『ペリクリーズ』@ステージ円

 

◆TV

 

2001年

NHK教育テレビ 『天才ビットくん』

 

◆映画

 

2013年
佐々部清監督 『ゾウを撫でる』

 

◆twitter

 

@ishimoto_isshi

 

◆自身監督ショートムービー

 

2013年

石本政晶 初監督作品『僕の彼女』脚本・編集・出演

 

2014年

石本政晶 監督作品『カルテ』脚本・編集・出演