【乞う!新参者! WSオーディション】

乞う!新参者!

アマヤドリでは出演者に加え、
劇団員として活動していただける俳優を募集します。

アマヤドリの作る、カラダとコトバの交錯する表現をあなたが支えてみませんか?
応募資格は日本語を話せること。継続的に活動に携わってくださる意思を持った方のご応募をお待ちしております!
出演、入団希望の方は、下記のいずれかの回にご参加ください。
尚、 ワークショップのみの参加も可能です。

劇団員募集に際しての主宰挨拶です。
 
 

アマヤドリ、主宰の広田淳一です。

この度、というか少し以前からですが、アマヤドリでは激しく劇団員を募集しております。

 

さて。そもそも「劇団員て何よ?」ということなんですが、簡単に言えば「アマヤドリの創作に継続的かつ総合的に関わっていく人」てことになるかと思います。俳優さんであればもちろん出演していただくことを基本として、「どういった作品をどのように作るべきなのか?」「どういったお客さんに来てほしいのか?」「どこで、いつ、どのような公演を打つべきなのか?」そういったことを一緒に考え、行動していってもらいたいと思います。純粋に「舞台上で演技をする」ということ以外の業務もそこには含まれてきます。劇団員になったからと言って劇団外での活動を一切するなとは言いません。本公演にはもちろん参加して欲しいですが、近年はお休みする人も少なくありませんし、そのあたりは相談させていただければと思います。また、退団することに対しても特に制限はありません。個人の活動と劇団の活動と、折り合いのつく期間だけ在籍していただけば結構です。また、残念ながら現在、固定給などはありません。

 

ひとまずは演劇に詳しくなくても結構です。知識も経験も足りなくてかまいません。私たちは「10年後にどれだけビッグになっているか」のイメージよりも、目の前のクリエーションをわずかでも良くするイメージを持っている方と仕事をしたいと考えています。ポジティヴに明るく次へ次へと進んでいけなくても問題ありません。暗い連中ばかりです。ただ、しつこく目の前の現実につまづいて、摩擦を恐れずにやりとりできる方を求めています。

 

オーディションからいきなり劇団員採用になる、ということはありません。まずはオーディションを通過していただいて、一緒に舞台を作っていただき、そこでお互いに信頼に足る人間なのかどうかをよくよく吟味した上で合意に至れば、はれて劇団員になっていただく、とそういう順序になるかと思います。

 

演劇は個人では作れません。ですので、作品を産み出す環境を含めて、ともに作っていってくれる方が必要だと考えています。ぜひ演じること、舞台を作ることに対して信念を持った方をお待ちしております。

 

アマヤドリ主宰 広田淳一

 
 
 
【日時】
 

2014年12月29日(月)AM10:00~15:30/ PM16:00~21:30

2014年12月30日(火)AM10:00~15:30/ PM16:00~21:30

2014年12月31日(水)AM10:00~15:30/ PM16:00~21:30

 

  日程追加のお知らせ

 

※応募多数の為日程が追加となりました。

12月19日金曜日の2回が追加となります。

既にご応募いただいた方で日程変更希望の方はお名前とご希望の日時をws@amayadori.sub.jp までご連絡ください。

 

*日時*

2014年12月19日(金)AM10:00~15:30/PM16:00~21:30 ※追加

 

 

 
 
【場所】
 

スタジオ空洞

東京都豊島区池袋3-60-5 地下1階

JR線・東武線・西武線・東京メトロ各線「池袋駅」西口下車 徒歩7分

 
 
【参加費】
 

2000円(会場代・配布テキスト代含む)

 
 
【受付締切】
 

先着順。各回定員になり次第締め切りますので、お早目にご予約ください。

 
 
【お申し込み】
 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/71e3d7ac269553

 
 
 
■アマヤドリ劇団HP
 

http://amayadori.sub.jp/

 
 
■アマヤドリ主宰広田淳一 略歴
 

2001年、東京大学在学中に「ひょっとこ乱舞」を旗揚げ、主宰。 以降、全作品で脚本・演出を担当。
さりげない日常会話ときらびやかな詩的言語を縦横に駆使し、身体性を絡めた表現を展開。
リズムとスピード、熱量と脱力が交錯する「喋りの芸」としての舞台を志向している。