アマヤドリツアー 2017

 

『非常の階段』

 

作・演出 広田淳一

 

「世の中には二種類の人間がいるんです。感動をくれるバカと、タダのバカと。」

 


 

【仙台公演】 2017年5月12日(金)~15日(月)@せんだい演劇工房 10-BOX box-1

【伊丹公演】 2017年5月26日(金)〜28日(日)@AI・HALL

【豊橋公演】 2017年6月2日(金)〜3日(土)@穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

【東京公演】 2017年6月8日(木)〜18日(日)@シアター風姿花伝

 


 

《上演時間について》

 

上演時間は約130分前後を予定しております。 途中休憩はございません。

 

アマヤドリ制作部(6月03日現在)

 


 

《公演宣伝動画》

 

 

 


 

《メディア掲載情報》

 

【2017/06/09】神戸新聞

【2017/06/02】東日新聞

【2017/06/01】東京新聞

【2017/05/30】読売新聞

【2017/05/29】Yahoo!ニュース(Lmaga.jp)

【2017/05/29】神戸新聞

【2017/05/18】中日新聞朝刊

【2017/05/11】毎日新聞夕刊

【2017/05/10】ステージナタリー

【2017/05/09】Confetti WEBインタヴュー記事掲載

【2017/04/27】朝日新聞夕刊

 


 

《ご挨拶》

 

これは「透明の家」についての物語だ。はっきりとした輪郭を持っていたはずの旧来の家族が透明になり、ゆるやかに崩壊していく物語である。と同時に、家族でも何でもないやつら――具体的には、かつて「オレオレ詐欺」とも呼ばれた特殊詐欺を扱う非合法の集団 ――が擬似的な家族を作っていこうとする物語でもある。 いま、私たちは旧来の「家族」あるいは「家」という制度/システムをゆっくりと失いつつあるのではないだろうか? 出発点はそんな問題意識だった。「家」制度に基づいたお見合い結婚はかなり少なくなったし、核家族化、離婚/未婚率の上昇と出生率の急激な低下などに私たちは直面している。その一方で、情報メディアの発達した現代ほど昔の友人達とつながりやすい時代もかつて無かったろう。その気になりさえすれば、私たちはいつでも擬似的な/透明な家族を作ることができる。――そんな自由があるのもまた現代の特徴だ。 2014 年、私はそういった二つの新しい「家族」の合流/衝突する地点を「透明の家」と呼ぶことにして描いてみた。今、再び、あるがままの現実を見つめつつ、変わっていくものと変わらないものとを「透明の家」という舞台装置を通じて描いてみたいと思う。

 

作・演出・主宰 広田淳一

 


 

《あらすじ》

 

舞台は2014 年の日本、東京。 ある夏の日、一人の振り込め詐欺結社のメンバーの男が何者かによってさらわれた。結社 の仲間たちは彼(ダーさん)の身を案ずるとともに一時的に身を隠すことを考え、メンバ ーの一人・大庭ナイトの親戚宅に居候をすることとした。ナイトの叔父・八平とその三人 の娘たちは、素性の怪しい詐欺結社の面々を邪魔もの扱いしつつも、なんとか奇妙な共同 生活を乗り切ろうとしていく……。 一方、大庭家も揺れていた。数年前に妻を亡くした八平は東京の家を引き払って富山へ帰ることを決め、三人姉妹はそれぞれ別の新生活を始める必要に迫られていたのだ。

 

ダーさんをさらったのは誰なのか? 三人姉妹の行末は? 太宰治の『斜陽』をモチーフに、 振り込め詐欺結社の葛藤、若年層の貧困、格差社会、家族の在り方など、現代日本が抱える様々なモチーフを多層的に描きます。

 


 

《キャスト》

 

笠井里美

倉田大輔

渡邉圭介

榊菜津美

沼田星麻

中野智恵梨

石本政晶

相葉るか

相葉りこ

一川幸恵

宮崎雄真(以上、アマヤドリ)

 

大島萌

須藤新之介

松ノ真司

飯田紘一朗

 

 


 

《スタッフ》

 

作・演出  広田淳一

舞台監督  浜村 修司(GEKKEN staffroom)伊丹・豊橋

舞台美術  中村友美/濱田真輝

照明    三浦あさ子

照明オペ  神﨑祐輝(仙台)/ 青山 愛(伊丹・豊橋)

音響協力  田中亮大/角張正雄

衣裳    矢野裕子/村川あかり

文芸助手  稲富裕介

宣伝美術  山代政一

制作    斉藤愛子/小濱昭博(仙台)

演出助手  木村恵美子/野村春香/鈴木拓城/島田洋樹(チョコレートキャッスル)/永谷ちゃづけ/秋田満衣

撮影    赤坂久美/bozzo

企画製作  アマヤドリ

主催    合同会社プランプル/公益財団法人豊橋文化振興財団(豊橋公演)

共催    伊丹市立演劇ホール(伊丹公演)/豊橋市(豊橋公演)

提携    シアター風姿花伝

助成    公益財団法人仙台市市民文化事業団(仙台公演)/芸術文化振興基金(仙台・東京公演)

協力    せんだい演劇工房 10-BOX/A-Team/株式会社エヌウィード/株式会社CRG/株式会社アニモプロデュース/GEKKEN staffroom/劇団 短距離男道ミサイル

 

 


 

《チケット発売日》

 

仙台・伊丹・東京公演 2017 年3 月25 日(土)10時発売開始!

 

豊橋公演 会員先行・セット券発売:4 月15 日(土)

     一般発売開始:4 月29 日(土・祝)

 


 

《 公演日時》

 

【仙台公演】

@せんだい演劇工房 10-BOX box-1

2017 年5 月12 日(金) 19:00♪

2017 年5 月13 日(土) 14:00♪ 19:00

2017 年5 月14 日(日) 14:00 19:00

2017 年5 月15 日(月) 14:00

 

【伊丹公演】

@AI・HALL 次世代応援企画break a leg

2017 年5 月26 日(金) 19:30♪

2017 年5 月27 日(土) 15:00

2017 年5 月28 日(日) 15:00

 

【豊橋公演】

@穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

PLAT 小劇場シリーズ

2017 年6月2 日(金)19:00♪

2017 年6 月3 日(土)14:30★

 

【東京公演】

@シアター風姿花伝

2017 年6 月8 日(木) 19:30♪

2017 年6 月9 日(金) 19:30

2017 年6 月10 日(土) 14:00 19:00

2017 年6 月11 日(日) 14:00

2017 年6 月12 日(月) 14:00◎ 19:30

2017 年6 月13 日(火) 休演日

2017 年6 月14 日(水) 19:30

2017 年6 月15 日(木) 14:00◎ 19:30

2017 年6 月16 日(金) 19:30

2017 年6 月17 日(土) 14:00 19:00

2017 年6 月18 日(日) 14:00

 

♪……特別なおまけ付き公演

★……ポストパフォーマンストーク

◎……平日昼間割引

 

※ご予約の締切は、劇団窓口、Confetti、は各回前日の24 時まで。

※開演時間を過ぎますと、お席にご案内できない場合があります。

※受付開始は開演の45 分前、開場は30 分前です。

※各種イベント開催予定! 詳細はWEB にて随時発表します。

※豊橋公演については、二日とも当日券は10 時から販売、当日精算・招待の受付は60 分

前、開場は30 分前となります。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。演出の都合上、照明が暗くなったり、静かなシー

ンが続く場合があります。就学児だとしても、暗がりを怖がらずに2 時間座って観ていら

れるお子様に限らせて頂きます。保護者の方には適宜判断して頂くようお願いいたします。

 

【特別なおまけ付き公演!】

何かと割引が目立つ昨今、たまには小粋なおまけが付いたお得な日があったっていいじゃ

ない! というわけでご用意いたしました特別なおまけ付き公演! 公演パンフレットを

ご来場下さった皆様全員にどどーんとプレゼントいたします! 

※対象回のチケットをお持ちのお客様は、公演後にそのままご覧頂けます。
※フリーパスにてご観劇のお客様もご予約をお願い致します。
ご予約がない状態でもご観劇いただけますが、満席の場合にはご覧いただけないことも御座いますので、何卒、ご予約をお願い致します。

 


 

《チケット料金 前売/当日 一律(全席整理番号付自由席)》

 

【仙台・伊丹公演】

 一般 3,000 円

 学生 1,500 円

 

【豊橋公演】

 一般 3,000 円

 U24  1,500 円

 高校生以下  1,000 円

※U24(24 歳以下対象)・高校生以下は、入場時年齢確認書類提示。枚数限定。

 

 2 公演セット券 ※枚数限定・プラットチケットセンターのみ取扱い

 5,000 円(風琴工房「Penalty killing remix version」公演7/29・30 とのセット)

 会員先行・セット券発売:4 月15 日(土)

 一般発売開始:4 月29 日(土・祝)

 

【東京公演】

 一般 3,000 円

 学生 1,500 円

 平日昼間 2,800 円

 

【タダ観でゴー!】0 円(枚数限定・劇団web 予約のみ)

試食は無料の精神にのっとり、アマヤドリを初めてご覧になるお客様を各ステージ3 名様

まで無料モニターとしてご招待いたします!

演劇観るほどヒマじゃない、そんなあなたに観て欲しい。

劇団Webの応募フォームよりご応募下さい。

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/eaa94f25489432(仙台・伊丹・東京公演 三都市分)

 

【各種フリーパス 前売/当日 一律 ※豊橋公演は除く】

 フリーパス 5000 円

 プレミアム・フリーパス 10000 円

(アマヤドリスペシャル特典付き!)

※フリーパス、プレミアムフリーパスでのご観劇は仙台・伊丹・東京のいずれか一都市のみ有効となりますのでご注意ください。

 

*フリーパスとは?

アマヤドリの伝家の宝刀、フリーパス! 本作を何度でもご覧いただけるのに、この価格! 無理、してます。

なにせ演劇は生もの。よろしければ私たちの作品の変化/進化をフリーパスを使って一緒に体験してみませんか? 私たちが何を考え、何に向かって創作を行っているのかを存分に味わっていただければと思います。

 

*プレミアム・フリーパスとは?

フリーパスにさらに特典がついたのがこちらのプレミアム・フリーパス。アマヤドリ・オリジナルグッズがついてくるとともに、「アマヤドリはわしが育てた」と堂々宣言する権利がついて来ます。

 

※二回目以降のご観劇の際もご予約をお願い致します! ご予約がない状態でもご観劇いただけますが、満席の場合にはご覧いただけないことも御座いますので、何卒、ご予約お願いします!

 

※特典内容は三都市共通のものとなっております。

 


 

《チケット取り扱い》

 

【仙台公演】

[当日精算]
 https://www.quartet-online.net/ticket/hijyo-sendai

 

[事前発券]

 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38549&

 

※当日券の販売は各回開演の45 分前となります。

 

【伊丹公演】

[当日精算]
 https://www.quartet-online.net/ticket/hijyo-itami

 

[事前発券]

 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38551&

 

アイホール 072-782-2000(電話予約のみ/9時~22時・火曜休館)※伊丹公演のみ

※当日券の販売は各回開演の45 分前となります。

 

【東京公演】

[当日精算]
 https://www.quartet-online.net/ticket/hijyo-tokyo

 

[事前発券]

 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38552& 

 

※当日券の販売は各回開演の45 分前となります。 

 

【豊橋公演】

プラットチケットセンター

窓口・電話 0532-39-3090(10 時〜19 時休館日を除く)

オンライン http://toyohashi-at.jp (24 時間受付・要事前登録)

チケットぴあ 0570-02-9999(P コード:457-691) http://pia.jp

 

※車椅子スペース:定員あり・要予約。プラットチケットセンター(電話・窓口)にて取扱い。車椅子利用のお客様は、事前にプラットチケットセンターまでご連絡ください。

※当日券は10 時から販売、当日精算・招待の受付は60 分前、開場は30 分前となります。

 


 

《お問い合わせ》

 

[アマヤドリ]

TEL:090-2936-2116(劇団)

E-MAIL:info@amayadori.co.jp

 

 

[Confetti(カンフェティ)]

http://confetti-web.com/

TEL 0120-240-540

*通話料無料・オペレーター対応(平日10:00~18:00)

 

 

[アイホール(伊丹公演)]

TEL:072-782-2000(電話予約のみ/9時~22時・火曜休館)

 

 

[プラットチケットセンター(豊橋公演)]

TEL:0532-39-3090(10時〜19時 休館日を除く)