劇団公式website

演技のためのジム

「演技のためのジム」とは?

 

「演技のためのジム」は課題戯曲を題材に、シンプルにシーン稽古に取り組む開かれた稽古場です!

アマヤドリの演出家である広田淳一がコーディネーターを務め、俳優との対話を重視したスタンスでリアリズム演技に取り組んでいくための場所を提供します。課題戯曲は主に近代以降の西洋古典戯曲(ヘンリック・イプセン、アーサー・ミラー、アントン・チェーホフ、テネシー・ウィリアムズなど)を中心として、日本の近現代戯曲なども取り上げることがあります。ひとつの課題戯曲に対しておおよそ、2-3ヶ月取り組みます。

「演技のためのジム」についてのより詳しい説明は、下記の過去記事をご参照ください!


演技のためのジム、はじめます。(架空対談、前篇)

演技のためのジム、はじめます。(架空対談、後編)

 


★こんな方におすすめ!★

    • 舞台に出演するにはスケジュール的な余裕がないが、実践的な現場を踏みたいと思っている方。
    • 定期的に演技について取り組んでいける場所が欲しい思っている方。
    • オーディション前や撮影前などに現場のカンを取り戻しておきたいと思っている方。
    • とにかくいい演技をしたい方。

【利用料金】

 

1回 2,000円(場所代・テキスト代込)となります! 

 

【応募資格】

 

自立した個人としての自覚を持ち、より良く演じることに対して情熱を持っている方。

 

【定員】

 
各日程8名前後(さらに少人数になりました!)
 

【開催場所】

 

板橋区、豊島区を中心とした都内稽古場。

ご参加が確定した方には別途ご連絡差し上げます。

 

【ご予約】

 

下記の予約フォームからお申し込みください!


演技のためのジムでは「サークル・スクウェア」という外部サービスを使っての予約管理・運営を行っており、お手数おかけして大変恐縮なのですが、下記のアドレスより「演技のためのジム」へメンバー登録をしていただきましたのち、お申込みをしてくださいますようお願いいたします! このプロセスがちょっとだけご面倒だとは思うんですが、登録していただければその後はとてもスムーズにご利用いただけますのでどうぞご協力いただけましたら幸いです。


会員登録、ご予約はこちらから
https://www.c-sqr.net/?iwpass=yLPaDleyzFBeebT95a&c=1

 

サークルスクエアの使い方はこちらをご参照ください
https://www.c-sqr.net/doc/startup-guide-user.pdf

 

【課題戯曲】

 

2022年4月からは、ヘンリック・イプセン『ヘッダ・ガーブレル』(『ヘッダ・ガブラー』と表記されることもあり)を題材にいたします。

※どの翻訳でも結構ですので全体を一度通読しておいていただけますと参加の意義が格段に高まることうけあいです! もちろん、未読で参加していただいて構いません。

 

【日程】

 

◆4月 予約受付中

 

2022年4月4日(月)18:00-22:00

2022年4月5日(火)18:00-22:00

2022年4月6日(水)18:00-22:00

2022年4月7日(木)18:00-22:00

 

2022年4月21日(木)18:00-22:00

2022年4月22日(金)18:00-22:00

2022年4月23日(土)18:00-22:00

2022年4月24日(日)18:00-22:00

 

◆5月 予約受付中

2022年5月10日(火)18:00-22:00
2022年5月11日(水)18:00-22:00
2022年5月12日(木)18:00-22:00

2022年5月14日(土)18:00-22:00
2022年5月15日(日)18:00-22:00
2022年5月16日(月)18:00-22:00

2022年5月30日(月)18:00-22:00
2022年5月31日(火)18:00-22:00

 


※1日からご参加いただけます。続けてのご参加も可能です。

※各回で完結する内容になっておりますので、どの日程からご参加いただいても構いません。

※遅刻・早退は原則不可といたします。

※ご連絡なくキャンセルをされた方は次回以降、ご予約の優先度が下がってしまう可能性がございます。ご了承下さい。