アマヤドリ2018 初の古典本公演を東京で! 仙台・伊丹では新作会話劇! 秋の連続本公演

 

『野がも』

作 ヘンリック・イプセン/翻訳 毛利三彌/上演台本・演出 広田淳一

 

『ブタに真珠の首飾り』

作・演出 広田淳一

 

 

 


 

【東京公演】2018年9月20日(木)~10月1日(月) 花まる学習会王子小劇場

 

【仙台公演】2018年10月6日(土)~10月8日(月・祝) せんだい演劇工房10-BOX

 

【伊丹公演】2018年10月19日(金)~10月21日(日) アイホール

 


 

《キャスト》

 

【野がも】

 

倉田大輔

渡邉圭介

中野智恵梨

相葉るか

一川幸恵

宮崎雄真

(以上、アマヤドリ)

 

東理紗(ピヨピヨレボリューション/東東東東東))

山森信太郎(髭亀鶴)

梅田洋輔

内山拓磨

大原研二(DULL-COLORED POP)

 

【ブタに真珠の首飾り】

 

榊菜津美

相葉りこ

(以上、アマヤドリ)

 

古澤美樹

都倉有加

 


 

《ごあいさつ》

 

アマヤドリはこの秋、古典戯曲による本公演と、新作オリジナルの二つの作品を立て続けに上演いたします。しかも、かたや東京のみ、かたやツアーのみと、二作観ていただくためには、むしろお客様に旅をしていただこうという世にも珍しい企画となっております。えー、まあ、こういった企画になった背景にも様々あるのですが、詳しくはwebで! そんなことより問題は作品です。

 

東京で行うヘンリック・イプセンによる『野がも』はのちにチェーホフや、アーサー・ミラーにも影響を与えた演劇史上に残るウツ展開の作品で、安い救いなんてものがまるで無い濃密な会話劇となっております。アマヤドリがイプセン先生が全身全霊をもって登場人物たちを丁寧に地獄に叩き落としていくようなこの作品に、東京は花まる学習会王子小劇場にて、真っ向から挑みます。あえて奇をてらったり、様式的な演出はせずに、あくまでリアリズム演技をベースに正面から、俳優たちの心と体の「動き」にこだわって立体化していきます。何もない空間をベースに展開される動きのある会話劇。そろそろね、こういうことをちゃんとやれる劇団が日本にもあってもいいんじゃないか、という中堅劇団としての矜持みたいなものをお見せできたら幸いです。

 

一方、新作本公演『ブタに真珠の首飾り』は女性のみの四人芝居で仙台、伊丹にて公演を行います。こちらは女四人によるウダウダと続く会話劇です。アマヤドリの前作、『崩れる』で培った会話分析を使った多層的な台詞表現を駆使して、女の友情のかわいらしさと美しさ、マウンティング合戦と、安っぽい悪意をこれでもかと描いていこうと思います。若くて活きが良くて、しかも、性格の歪さが一筋縄ではいかない奇特な女優・四人に集まってもらいましたので、心ゆくまで各人のうっぷんを晴らしてもらうお芝居になっていくことでしょう。

 

二本を通じて僕が今、描きたいと思っているのは「絶望」なんだと思います。物語には、「なんだかいろいろあったけど最後には少し希望が見えてきたよね」みたいなタイプのものがありますが、今回はむしろ徹底して絶望を描きたい。人間の安っぽさを徹底して見つめることでかえって浮かぶ瀬もあるんじゃなかろうか、と。絶望の極北では、むしろ絶望そのものが希望に反転したりするんじゃないか、と。なんだか、根拠なくそんなことを考えているのです。

 

きっとそういった作品は、作る方も、観る方もとても体力の要るものになっていくでしょう。逆に言えば、今、劇団には、そういった作品に必要とされるあり余るほどの体力が備わってきたんじゃないか、という予感がしているのです。まあ、単なる勘違いかもしれませんが、そうと決めたからにはやるのです。

 

戦後のどさくさにまぎれて、「生きていくからにはきっちり堕落していけよ」という力強くも無責任なメッセージをくださった坂口安吾先生の言葉よろしく、地を這いつくばるだけの覚悟と体力を持って、なんだったら小脇におにぎりとかを携えて、安易な希望を打ち砕く連作をいざ作っていきたいと思います。そんなわけで、乞う、ご期待。どちらの公演も、劇場でお待ちしております。

 

主宰 広田淳一

 


 

《スタッフ》

 

作・演出   広田淳一 

舞台監督   都倉宏一郎

舞台美術   中村友美           

照明     三浦あさ子

照明操作   野口瑞貴

衣裳     村川あかり                                  

文芸助手   稲富裕介                               

宣伝美術   山代政一 

制作     桜かおり

演出助手   木村恵美子/野村春香/藤家矢麻刀

撮影     赤坂久美/bozzo

企画製作   アマヤドリ

主催     合同会社プランプル

提携     伊丹市立演劇ホール(伊丹公演)

協力     せんだい演劇工房10-BOX/花まる学習会王子小劇場/株式会社CRG/A-Team

       株式会社エヌウィード/株式会社リベラス/株式会社CRG/DULL-COLORED POP

       髭亀鶴/ピヨピヨレボリューション/スターダス・21

 


 

《チケット発売日》

 

2018年7月20日(金) 午前10:00(東京公演)

2018年8月18日(土) 午前10:00(伊丹・仙台公演)

 


 

《公演日時》

 

【東京公演(花まる学習会王子小劇場)】

 

2018/9/20(木)  19:00

2018/9/21(金)  19:00

2018/9/22(土)  13:00★・■/19:00★

2018/9/23(日)  13:00/19:00

2018/9/24(月)  13:00

2018/9/25(火)  休演日

2018/9/26(水)  19:00

2018/9/27(木)  13:00◎

2018/9/28(金)  19:00

2018/9/29(土)  13:00■/19:00

2018/9/30(日)  13:00

2018/10/1(月)  13:00

 

★・・・前半割  ◎・・・平日昼間割  ■・・・イベント託児・マザーズ

《イベント託児・マザーズ 0120-788-222》0才・1才2,000円 2才以上1,000円》

 

【仙台公演(せんだい演劇工房10-BOX)】

 

2018/10/6(土)  19:00◆

2018/10/7(日)  14:00/19:00

2018/10/8(月)  11:00/16:00

◆・・・初日割

 

【伊丹公演(AI・HALL 伊丹市立演劇ホール)】

 

2018/10/19(金) 19:30◆

2018/10/20(土) 14:00

2018/10/21(日) 14:00

◆・・・初日割

 

※ご予約の締切は各回前日の 24 時までとなっております。

※開演時間を過ぎますと、お席にご案内できない場合があります。

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

※各種イベント開催予定! 詳細はWEBにて随時発表します。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。

 


 

《チケット料金 全席自由 前売/当日》

 

◇◇東京公演

 

【一般】前売り4200円/当日 4500円

【学生】前売り2700円/当日 3000円

【高校生以下】前売り1000円/当日1300円

【前半割引】 前売り 3300円/当日 3500円

【平日昼間割引】前売り 3800円/当日 4000円

 

【『野がも』限定・各種フリーパス 前売/当日 一律】

 

【フリーパス】8000 円

【プレミアム・フリーパス】13000 円 (アマヤドリスペシャル特典付き!)

【タダ観でゴー!】0 円(枚数限定・劇団web 予約のみ)

試食は無料の精神にのっとり、アマヤドリを初めてご覧になるお客様を各ステージ3名様まで無料モニターとしてご招待いたします!演劇観るほどヒマじゃない、そんなあなたに観て欲しい。

 

◇◇仙台・伊丹公演

 

【一般】前売り3000円/当日 3300円

【学生】前売り1500円/当日 1800円

【高校生以下】前売り1000円/当日1300円

【初日割引】 前売り・当日 2500円

 

 

《チケット取扱い》

 

[アマヤドリ]

TEL:090-2936-2116(劇団)

WEB:http://amayadori.co.jp

MAIL:info@amayadori.co.jp

 

[イープラス]

『野がも』:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002268037P0050001P006001P0030001

『ブタに真珠の首飾り』:http://eplus.jp/

 

[CoRichチケット]

『野がも』:http://ticket.corich.jp/apply/93496/

『ブタに真珠の首飾り』:http://stage.corich.jp/

 

[アイホール]※伊丹公演のみ

TEL:072-782-2000(電話予約のみ/9時〜22時・火曜休館)

※当日券の販売は各回開演の45分前となります。

 

【フリーパスとは?】

アマヤドリの伝家の宝刀、フリーパス! 本作を何度でもご覧いただけるのに、この価格! 無理、してます。

なにせ演劇は生もの。よろしければ私たちの作品の変化/進化をフリーパスを使って一緒に体験してみませんか? 私たちが何を考え、何に向かって創作を行っているのかを存分に味わっていただければと思います。

 

【プレミアム・フリーパスとは?】

フリーパスにさらに特典がついたのがこちらのプレミアム・フリーパス。アマヤドリ・オリジナルグッズがついてくるとともに、「アマヤドリはわしが育てた」と堂々宣言する権利がついて来ます!

※二回目以降のご観劇の際もご予約をお願い致します! ご予約がない状態でもご観劇いただけますが、満席の場合はご覧いただけない場合もございます。

※特典の選べる過去公演DVDは、最新作はお選びいただけません。

 


 

《お問い合わせ》

 

TEL:090-2936-2116(劇団)

E-MAIL:info@amayadori.co.jp

twitter:@amayadorix

facebook :www.facebook.com/amayadorix