IMG_1832
 

 

自分の機能に気づく!

 

~カラダとコトバのワークショップ in 福岡~

 


 

 

「もっとコミュニケーションが上手だったらなあ……」

 

コミュニケーション能力って何でしょう?

大きな声と届く声の違いとは?

話をよく聞く力、そしてカラダから発するシグナルを受け止める力を身につければ、もっと人との関わりは楽しくなります!

俳優を目指す方もそうでない方も、自分の体と言葉の機能を再発見してみませんか?

アマヤドリで作・演出を務める広田淳一による演劇ワークショップでは「自由」「コミュニケーション」「空間把握」の3つをキーワードに、シアターゲームを交えて楽しくエクササイズを行います。

順序立ててやるので、初心者の方も安心です!

ふるってご参加下さい。

 


 

 

【日時】

 

5月25日(月)  18:00〜21:30

 

5月26日(火)  18:00〜21:30

 


 

 【お申し込み】

 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/962bf014264161

 

 締切 5月23日(土)

 


 

【参加費】

 

1,500円

 


 

【場所】

 

パピオビールーム

福岡県福岡市博多区千代1丁目15-30

 

 


 

 
■アマヤドリ主宰広田淳一 略歴
 

2001年、東京大学在学中にアマヤドリの前身である「ひょっとこ乱舞」を旗揚げ。

以降、全作品で脚本・演出を担当。
さりげない日常会話ときらびやかな詩的言語を縦横に駆使し、身体性を絡めた表現を展開。
リズムとスピード、熱量と脱力が交錯する「喋りの芸」としての舞台を志向している。

 

■アマヤドリとは?

 

2001 年に「ひょっとこ乱舞」として結成。2012 年に「アマヤドリ」へと改称。

広田淳一によるオリジナル戯曲を中心に、現代口語から散文詩まで扱う「変幻自在の劇言語」と、クラッピングや群舞など音楽・ダンス的な要素も節操なく取り入れた「自由自在の身体性」を両輪として活動。リズムとスピード、論理と情熱、悪意とアイロニー、とか、そういったものを縦横に駆使して、「秩序立てられたカオス」としての舞台表現を追求している。