【速報】2024年春、アマヤドリ本公演『人形の家』激論版/疾走版 2バージョンにて上演!!

アマヤドリ本公演

『人形の家』激論版/疾走版

作 ヘンリック・イプセン

翻訳 毛利三彌(「人形の家」2020年 論創社刊) 

上演台本・演出 広田淳一
2024年3月15日24日@シアター風姿花伝
 

ヘンリック・イプセンによる『人形の家』に大胆な脚色を施し、現代口語による上演台本を創作。

会話主体の「激論版」と身体主体の「疾走版」というふたつの解釈に沿って提示。

 

チケット発売!! 2024年1月20日(土)10:00~

ごあいさつ

アマヤドリ、イプセン四演目めにしていよいよ『人形の家』に取り組むことになりました。他の作家に浮気することもなく、古典といえばイプセンてな具合で取り組んできたわけですが、イプセンの何がそんなに好きなのか? と問われれば、やっぱり登場人物の複雑さ、豊かさに圧倒的なものを僕は感じているわけです。以前にやった『野がも』にしてもそうですが、若い男女はもちろんのこととして、中年、壮年、老人から幼女に至るまで、極めて複雑でロクでもない、小ズルく嫉妬深く、嘘ばっかりついている、鼻持ちならない人間がたくさん出てくる。みんなそれぞれイヤなやつなのに、みんなそれぞれに追求している美学があって、理想があって、でも、限界があって。ああ、人間がいるなあ、と思わせてくれるところがイプセンの真骨頂、ではないかと思っております。

実は何年も前の段階で一度、『人形の家』をやるという企画があったんですが、あえて今まで避けてきました。というのも、タイトル負けしちゃうと思ったんですね。やっぱり有名だし。今、こうして何本かイプセン作品に取り組んだあとで自分たちなりに多少は方法論、突破口みたいなものが見えてきた気はするので、いよいよ挑むタイミングが来たんじゃないかな、と。そんな気持ちでおります。はい。もう、面白い作品であることは間違いありません。天才の、代表作なんですから。

『激論版』では、原作の形を守りつつも言葉を大分刈り込んでソリッドなドラマに仕立て直し、イプセン戯曲のポテンシャルを最大限に活かした格闘技みたいな会話劇をお見せできればと思います。一方の『疾走版』では、とにかく俳優の身体を頼りにして大胆に戯曲を再構成し、明滅するイルミネーションのような悪夢のフラッシュバックとして人形の家を、つまり、失われた家庭の幸福、崩れ去った近代の夢を、お見せできればなと思います。片方だけでも、もちろん、両方でも。ご来場心よりお待ちしております。

主宰 広田淳一

PV

トピックス

【ポストパフォーマンストーク開催のお知らせ!!】

◆2024年3月17日(日) 13:00 公演終了後

毛利三彌 様(演劇学者、成城大学名誉教授)

イプセンなど北欧演劇研究の第一人者であり本作『人形の家』翻訳の毛利三彌 様に、トークゲストとしてお越しいただけることになりました!

キャスト

【激論版】

徳倉マドカ、倉田大輔、大塚由祈子、宮崎雄真、中村早香(以上、アマヤドリ)、西本泰輔

 

【疾走版】

沼田星麻、一川幸恵、宮川飛鳥、堤和悠樹、星野李奈、稲垣干城、相葉りこ(以上、アマヤドリ)、冨永さくら、結稀キナ、村山恵美

チケット

【CoRichチケット】

https://ticket.corich.jp/apply/299867

 

【ギフトチケット】
https://amayadori-web-store.stores.jp

 

【タダ観でGO!】(全ての回、定員となりました)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2346cf38771745

タイムスケジュール

3/15(金) 走14:00★/走19:30★
3/16(土) 論19:00★
3/17(日) 論13:00★[P]/走18:00
3/18(月) 休演日
3/19(火) 論14:00★/走19:30
3/20(水) 走13:00 /論18:00
3/21(木) 論19:30
3/22(金) 走14:00★/論19:30
3/23(土) 論13:00 /走18:00
3/24(日) 走11:00 /論16:00

 

★…前半/平日昼間割引
論…激論版
走…疾走版

 

P…ポストパフォーマンストーク

チケット料金

(前売/当日 全席自由席 ※当日受付順に入場)

【一般】 前売 4,500円/当日 4,800円
【前半・平日昼割引】 前売 4,000円/当日 4,300円
【U25】 前売 3,500円/当日 3,800円
【高校生以下】 前売 1,000円/当日 1,300円
【2演目セット券】 前売 7,000円(激論版、疾走版のセット)
【トリオ割引】 前売 11,100円(1人あたり3,700円)

 

【タダ観でGO!】 0円(枚数限定・劇団web予約のみ)
試食は無料の精神にのっとり、アマヤドリを初めてご覧になるお客様を各ステージ3名様まで無料モニターとしてご招待いたします!演劇観るほどヒマじゃない、そんなあなたに観て欲しい。

 

【ギフトチケット】 4,500円
この感動を大切なひとにおすそ分けしたい!そんな思いに応えるべく、「贈れるチケット」やってます。贈られたひとは後から日時指定ができるようになっています。

 

 

※ご予約の締切は各回前日の 24 時までとなっております。
※当日券販売・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

会場

シアター風姿花伝

 

住所:〒161-0032 東京都新宿区中落合2丁目1−10

 

アクセス

電車:JR山手線「目白駅」より 徒歩18分/バス6分
都営大江戸線「落合南長崎駅」より 徒歩12分
西武池袋線「椎名町駅」より 徒歩8分
西武新宿線「下落合駅」より 徒歩10分

バス:目白駅前より約6分
新宿駅西口より約20分
中野駅北口より約25分
池袋駅東口・西口より約12分

スタッフ

【上演台本・演出】
広田淳一

 

【舞台監督】
宅間脩起

 

【音響】
角張正雄


【照明】
三浦あさ子


【照明操作】
藤田典子


【美術】
中村友美


【ヘアメイクプラン】
えびねあみ


【演出助手】
田中成美、玉城栄琉(ギムレットには早すぎる)、晴間貫(曇りのち/中央大学第二演劇研究会)、三谷陸人(中央大学第二演劇研究会)、太尾田尚希(お庭のなまたまご)、石川大海(歌吹海)

 

【宣伝美術】
山代政一 


【制作】
西峰正人


【撮影】
あかさかくみ


【映像撮影】
西岡昌


【企画製作】
アマヤドリ


【主催】
合同会社プランプル


【協力】
シアター風姿花伝、グンジョーブタイ、VICTORY ROAD、infini、ルピナス・エンタープライズ、株式会社U-8、ギムレットには早すぎる、曇りのち、中央大学第二演劇研究会、お庭のなまたまご、歌吹海

【助成】
芸術文化振興基金

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【東京ライブ・ステージ応援助成】

《お問い合わせ》

 

TEL:090-2936-2116(劇団)

E-MAIL:info@amayadori.co.jp

X:@amayadorix

facebook :www.facebook.com/amayadori